Ethereum’s popularity ‘a double-edged sword’ — a16z’s State of Crypto report

勉強方法

1. Lv.3の記事を見つけ、わからない単語を調べる。
2. 本文を読む。
※頭を一旦フラットにしてから読み始める。動詞(未来形、過去形、受け身形など)の情報を取りこぼさない。
3. 理解できなかった文章や語句にマーカーを引く。
少し時間をかけて理解できるか挑戦する。
4. 日本語の対訳を見て、理解できなかった単語/文章/句を確認
5. 音読5回 ※音源の速度かそれ以上の速度で意味理解する)

 

cointelegraph.com

jp.cointelegraph.com

 

 

Ethereum’s popularity ‘a double-edged sword’ — a16z’s State of Crypto report

イーサリアムの人気は「諸刃の剣」-a16zのState of Cryptoレポート


“Ethereum’s overwhelming mindshare helps explain why its users have been willing to pay more than $15 million in fees per day on average just to use the blockchain,” a16z stated.

"イーサリアムの圧倒的なマインドシェアは、そのユーザーがブロックチェーンを使用するためだけに、1日平均1500万ドル以上の手数料を喜んで支払ってきた理由の説明に役立つ "とa16zは述べています。

 

 

Crypto venture fund giant Andreessen Horowitz (a16z) has highlighted that development and demand on Ethereum are “unmatched” despite the network’s high transaction fees.

暗号ベンチャーファンド大手のアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)は、イーサリアムの高い取引手数料にもかかわらず、同ネットワークの開発と需要は「比類がない」と強調しています。

 

The firm does warn, however, that its “popularity is also a double-edged sword,” given that Ethereum prioritizes decentralization over scaling, resulting in competing blockchains stealing market share with “promises of better performance and lower fees.”

しかし、同社は、イーサリアムがスケーリングよりも分散化を優先するため、競合するブロックチェーンが "より良いパフォーマンスと低い手数料を約束して市場シェアを奪う結果となり、その人気は諸刃の剣でもある "と警告を発しています。

 

The comments came via a blog post introducing a16z’s 2022 “State of Crypto” report, with the firm’s data scientist Daren Matsuoka, head of protocol design and engineering Eddy Lazzarin, general partner Chris Dixon and head of content Robert Hackett all working together to provide five key takeaways from the study.

このコメントは、a16zの2022年版「暗号の現状」レポートを紹介するブログ記事を通じて寄せられたもので、同社のデータサイエンティストDaren Matsuoka、プロトコルデザイン・エンジニアリング責任者のEddy Lazzarin、ゼネラルパートナーのChris Dixon、コンテンツ責任者のRobert Hackettが一丸となって、調査から得られる5つの重要なポイントを紹介しています。

 

 

 

単語

State:状態、ありさま、様子、興奮状態、威厳、威儀、荘厳、公式、国家、国

overwhelming:圧倒的な、抵抗できない

mindshare:消費者の心の中で企業やブランドが占めるの割合。(単語というか用語)

prioritizes:(…を)優先させる、(…に)優先権を与える

 

 

 

ーーーーーーーーー

今日はここまで。168文字

1/4

ーーーーーーーーー

 
Outside of Ethereum, the report focuses on topics such as Web3 development, crypto adoption rates, decentralized finance (DeFi) and stablecoins.
このレポートでは、仮想通貨分野における重要な5つのポイントを取り上げ、イーサリアム、Web3、分散型金融(DeFi)などのトピックに焦点を当てている。
 
---

Introducing a16z’s 2022 State of Crypto Report  

A lot has changed since we started investing in crypto nearly a decade ago. 

Here are 5 key takeaways from the a16z crypto web3 industry survey and data analysis by---

---

 

According to data from the report, Ethereum towers over the competition in terms of builder interest, as the network has around 4,000 active monthly developers compared to second-ranked Solana at 1,000. Bitcoin and Cardano are next in line at roughly 500 and 400 apiece, respectively.

レポートのデータによると、イーサリアムは開発者からの関心の上で競合他社を凌駕している。月間アクティブ開発者の面で、イーサリアムは4000人となっており、2位のソラナ(SOL)の1000人を大きく上回っている。さらにビットコイン(BTC)は500人で3位、カルダノ(ADA)は400人で4位となっている。

 

The analysts noted that “Ethereum’s lead has much to do with its early start, and, the health of its community” but emphasized the significance of development continuing to surge on the network despite high transaction costs:

レポートは、取引コストが高いにも関わらず、ネットワーク上での開発が増加し続ていることの意義を強調している。

 

“Ethereum’s overwhelming mindshare helps explain why its users have been willing to pay more than $15 million in fees per day on average just to use the blockchain — remarkable for such a young project.”

イーサリアムの圧倒的なマインドシェアは、ユーザーがブロックチェーンを使用するためだけに1日あたり平均1500万ドル以上の料金を支払っている理由を説明するものになるだろう。このような若いプロジェクトでは注目に値するものだ」

 

 

単語

focuses:focusの複数形、焦点

adoption rates:採択率

survey:(高い所などから)見渡す、見晴らす、(上から下まで)しげしげ見る、(…を)概観する、概説する、査定する、調査する、測量する

respectively:それぞれ、おのおの、めいめいに

apiece:各個に、各自に、めいめいに

surge:波のように押し寄せる、波打つ、揺れる、わき立つ、渦巻く

roughly:荒く、乱暴に、不作法に、粗末に、むぞうさに、ざっと、概略的に

 

ーーーーーーーーー

今日はここまで。174文字

2/4

ーーーーーーーーー

 

 

The demand for Ethereum can also be seen across the report’s estimated transaction fees paid on a blockchain over a seven-day average, calculated as of May 12. The data shows that Ethereum accounts for $15.24 million. To provide contrast, BNB Chain, Avalanche, Fantom, Polygon and Solana account for roughly $2.5 million worth of fees combined.

 

イーサリアムの需要は、5月12日時点で算出された7日間平均のブロックチェーン上で支払われる推定取引手数料のレポートでも確認することができます。このデータでは、イーサリアムが1524万ドルを占めていることがわかります。対照的に、BNB Chain、Avalanche、Fantom、Polygon、Solanaは合わせておよそ250万ドル相当の手数料を占めています。

 

イーサリアムの需要は、7日間平均での推定取引手数料でみることができる。データによれば、イーサリアムは1524万ドルを占めるようになっており、対照的にBNBチェーンやアバランチ、ファントムう、ポリゴン、ソラナは、すべて合わせても約250万ドルになる。

 

Layer-1 Transaction fees: a16z

The report notes that layer-2 scaling solutions are fighting to bring Ethereum’s fees down and transaction speeds up while also pointing out that long-awaited upgrades are coming to Ethereum to make the network more efficient and cost-effective.

The “long awaited” upgrades can’t happen soon enough, however, and a16z also highlighted in the report that over a 30-day average as of May 12, active addresses and transactions on competing blockchains including Solana, BNB Chain and Polygon are already well ahead of Ethereum.

 

レポートでは、レイヤー2スケーリングソリューションがイーサリアムの手数料を下げ、取引速度を上げるために戦っていると指摘する一方、イーサリアムのネットワークをより効率的でコスト効率の良いものにするために、待望のアップグレードが行われることを指摘しています。

しかし、「待望の」アップグレードはすぐには実現せず、a16zはレポートの中で、5月12日時点の30日間平均で、Solana、BNB Chain、Polygonなどの競合ブロックチェーンのアクティブアドレスと取引は、すでにイーサリアムを大きく上回っていることも強調しています。

 

 

レイヤー2ソリューションがイーサリアムの手数料を引き下げ、トランザクションを高速化させるために取り組んでいるとレポートは指摘する。またネットワークをより効率的で費用対効果の高いものにするアップグレードもイーサリアムでは控えている。

ただ待望のアップグレードはまだ実現していない。a16zのレポートによれば、30日間平均で、ソラナ、BNBチェーン、ポリゴンなどの競合ブロックチェーンのアクティブアドレスとトランザクションが既にイーサリアムが大きく上回っている。

 

 

ーーーーーーーーー

今日はここまで。140文字

3/4

ーーーーーーーーー

 

The data shows that Ethereum has 5.5 million active addresses that account for 1.1 million daily transactions, while Solana has a mammoth 15.4 million active addresses and 15.3 million daily transactions. BNB Chain ranks in third with 9.4 million and 5 million, while Polygon totaled around 2.6 million and 3.4 million. The analysts concluded it won’t be a winner-takes-all situation:

データによると、Ethereumのアクティブアドレスは550万で1日の取引額は110万、Solanaはアクティブアドレスが1540万、1日の取引額が1530万とマンモス化しています。BNB Chainは940万と500万で3位、Polygonは約260万と340万で合計している。アナリストは、勝者総取りの状況にはならないだろうと結論付けている。

 

“Blockchains are the hit product of a new computing wave, just as PCs and broadband were in the ‘90s and 2000s, and as mobile phones were in the last decade. There’s a lot of room for innovation, and we believe there will be multiple winners.”

"ブロックチェーンは、90年代から2000年代にかけてのPCやブロードバンドのように、そしてここ10年の携帯電話のように、新しいコンピューティングの波のヒット商品なのです。イノベーションの余地は大きく、複数の勝者が生まれると信じています。"

 

Other key takeaways from the report included the DeFi sector’s total value locked of roughly $113 billion would make it the 31st largest bank in the U.S., estimations that Web3 adoption could hit 1 billion users by 2031 and that NFTs have generated $3.9 billion worth of revenue for creators so far.

 

このほか、DeFiセクターの総額は約1130億ドルで、米国で31番目に大きな銀行となること、Web3の普及が2031年までに10億ユーザーに達するとの予測、NFTがこれまでにクリエーターにもたらした39億ドル相当の収益などが報告されています。

 

so far これまでのところ

 

レポートでは、ブロックチェーンの世界は勝者総取りという状況にはならず、「イノベーションの余地は多くあり、複数の勝者が生まれるだろうと考えている」と書いている。