20220122

教材

Mass murderer in court again – level 3 - News in Levels

 

学習方法

1. 記事を見つけ、わからない単語を調べる。
2. 本文を読む
3. 理解できない文章や句にマーカーを引く。少し時間をかけて理解できるか挑戦する。
4. 日本語の対訳を見て、理解できなかった単語/文章/句を確認

 (*ここで初めてわかったところを下線)
5. 音読5回

 

学習結果

WPM 143

1週目の理解度 5割

音読 5回

 

読んだ文章1234

Mass murderer Anders Behring Breivik gave a Nazi salute as he entered court for a parole hearing. The hearing will decide if he should be released after spending more than a decade in prison.

大量殺人犯のAnders Behring Breivikは、仮釈放審理のために裁判所に入る際、ナチスの敬礼をしました。この公聴会は、10年以上を刑務所で過ごした彼が釈放されるべきかどうかを決めるものです。

 

In 2011, Breivik murdered 77 people, many of them young people attending a summer camp, and one year later, he went to prison for 21 years, the maximum possible time under Norwegian law. However, the right-wing extremist now appeared in court, to ask for early release, arguing that he should be given the chance of parole after ten years in prison.

2011年、Breivikはサマーキャンプに参加していた若者の多くを含む77人を殺害し、その1年後、ノルウェーの法律で最長とされる21年の刑期で刑務所に収監された。しかし、この右翼過激派は今回、早期釈放を求め、10年の服役後に仮釈放の機会を与えるべきであると主張して裁判所に出廷しました。

 

Last week was the first time in five years that Breivik appeared in public, and the first thing he did in the courtroom was give a Nazi salute. He also carried signs of him in English that were about the end of the genocide of so-called white nations. Speaking to three people, Breivik said that he’d been brainwashed before blowing up a van bomb in Norway´s capital, Oslo, and before shooting 69 people on the island of Utøya. He said he no longer represented a danger to the public. However, he said that he was still fighting for white supremacy and that he would continue through peaceful ways.

先週はBreivikが5年ぶりに公の場に姿を現し、法廷で最初に行ったのはナチスの敬礼だった。また、いわゆる白人国家の大量虐殺を終わらせるという内容の彼の看板を英語で持っていた。ブレイビクは3人に向かって、ノルウェーの首都オスロでバン爆弾を爆発させる前、そしてウトヤ島で69人を射殺する前に洗脳されたと語った。彼は、自分はもう一般市民にとって危険な存在ではない、と言いました。しかし、彼はまだ白人至上主義のために戦っており、平和的な方法で続けるつもりだと述べた。

 

調べた単語

represented  表向き、代表的

courtroom 法廷

Norwegian law. ノルウェーの法律

decade 十年

Nazi salute ナチスの敬礼

murderer 殺人者

parole 仮釈放

genocide 大量虐殺

white supremacy 白人至上主義