20220121

教材

 

学習方法

1. 記事を見つけ、わからない単語を調べる。
2. 本文を読む
3. 理解できない文章や句にマーカーを引く。少し時間をかけて理解できるか挑戦する。
4. 日本語の対訳を見て、理解できなかった単語/文章/句を確認

 (*ここで初めてわかったところを下線)
5. 音読5回

 

学習結果

WPM 165

1週目の理解度 6割

音読 5回

 

読んだ文章

7-year-old German student Joshua Martinangeli is too ill to attend classes; however, he can still interact with his teacher and classmates through an avatar robot that sits in class in his place.

7歳のドイツ人生徒、ジョシュア・マルティナンゲリは、病気のため授業に出席できません。しかし、彼の代わりに授業に出席するアバターロボットを通して、先生やクラスメートと交流することができます。

 

Joshua cannot attend classes because he wears a tube in his neck due to a severe lung disease; however, his classmates can talk to him, laugh with him, and sometimes even chit chat or talk informally with him during a lesson. Joshua can get attention from the class by sending a white blinking signal to the robot’s head.

ジョシュア君は重い肺の病気のため、首からチューブを入れているので授業に出席できませんが、クラスメートは彼に話しかけ、一緒に笑い、時には授業中に雑談やおしゃべりをすることができます。ジョシュアは、ロボットの頭部に白い点滅信号を送ることで、クラスから注目を浴びることができる。

 

A local council in a Berlin’s district paid for the avatar project, and then robot came from Norway’s company No Isolation. For various reasons, sometimes a child cannot go to class in person, and the avatar gives that child a chance to be part of the school community.

アバタープロジェクトの費用はベルリンの地方議会が負担し、ロボットはノルウェーのノーアイソレーション社から提供されました。様々な事情で直接教室に行けない子供にとって、アバターは学校コミュニティの一員となる機会を与えてくれるのです。

 

調べた単語

avatar 人を表すもの

signal 何かが起こっていることを示すもの

isolation 誰かが一人でいるとき、他の人から離れているとき

 interact 対話

severe 厳しい

lung 肺

blinking 点滅

still いまだに