20220119

教材

Robots in Our Lives – level 3 - News in Levels

学習方法

1. 記事を見つけ、わからない単語を調べる。
2. 本文を読む
3. 理解できない文章や句にマーカーを引く。少し時間をかけて理解できるか挑戦する。
4. 日本語の対訳を見て、理解できなかった単語/文章/句を確認

 (*ここで初めてわかったところを下線)
5. 音読5回

 

学習結果

WPM 148

音読 5回

 

読んだ文章

A new exhibition in London charts humanity’s fascination for robots throughout the ages – one model at the exhibition dates back to the 16th century. Almost three metres tall, Cygan, a celebrity robot of the fifties, is the display’s centrepiece.

ロンドンで開催された新しい展覧会では、16世紀までさかのぼり、人類がロボットに対して抱いてきた魅力を紹介しています。高さ3メートル近いサイガンは、50年代の有名なロボットで、展示の中心的存在です。

 

Hugo Elias from Shadow Robot Company said that we are probably a few years away from having very serious robotics in our lives. The first thing will be self-driving cars, and humanoid robots in our homes coming in the next 20 or 30 years.

Shadow Robot Companyのヒューゴ・エリアス氏は、私たちの生活に本格的なロボットが登場するのは、おそらく数年先のことだろうと語っています。まずは自動運転車、そして20年か30年後には家庭用人型ロボットが登場するでしょう。

 

Ben Russel, the curator, commented on people’s fear of robots ‘turning into terrifying things that enslave us all’ – he thinks that it is quite natural to be afraid of them, but he sees the chances of it actually happening as slim.


キュレーターのベン・ラッセル氏は、ロボットが「我々を奴隷にする恐ろしい存在になる」という人々の恐怖心について、「ロボットを恐れるのはごく自然なことだが、実際にそうなる可能性は低いと思う」とコメントしています。

 

 

調べた単語

chart 何かの経過を示す

curator 美術展の運営をする人

fascination 魅力

throughout にわたって

tall 高層

terrifying 恐ろしい

enslave 奴隷にする